まぁギルティの戦績など徒然なるままに
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 連続更新
2006年10月23日 (月) | 編集 |
デッキ考察なんで三国志しない人、蜀単に興味ない人は飛ばしておk。

ちゃんとした日記は前のに書いてるんで。


【らいずデッキ】 某覇王曰く、蜀の完成形

・SR劉備  6/7  槍兵  魅、活、募  劉備の大徳  コスト2
なんでも屋さん。
実用的な特技3つに安定したステータス、そして広範囲のリスク無し英傑号令。
コイツで伏兵踏んだり、囮にして時間稼いだりと活持ちなので色々できる。
R魏延、R黄忠に並び、攻撃の要でもある。

・LE諸葛亮  3/10  槍兵  魅、伏  八卦の陣法  コスト1、5
知力10の伏兵で武力3の槍兵という高いステータスの槍兵。
知力がそこそこの相手にも大ダメージを与えるため序盤の展開を楽にしてくれる。
八卦が様々な効果を生み出すため、使い分けが難しい。
が、使いこなすことができればあらゆる状況を打開できる可能性を持つ。

・R魏延  6/4  騎兵  特技なし  反逆の狼煙  コスト1、5
蜀のコスト1、5の中では最強のカード。
特技なしで戦器の効果も低いがステータスの高さと兵種、計略の強さから蜀の主力となっている。
味方を1人犠牲にすればデッキ内での最強武力となる。
知力が4なのも嬉しい。

・R黄忠  7/4  弓兵  柵  零距離戦法  コスト2
蜀が誇る最強の弓兵。
高武力でありながら柵を持ち、知力も4ある。
諸葛亮とともに序盤を凌ぐためのキーカード。
戦器がとにかく強力で、戦場の中心に黄忠を置けばほとんどの場所へ射ることができる。
計略の強力で、遠距離攻撃はできなくなるが、武力上昇値はほとんど超絶強化。
R魏延とともに攻め、守りの要となる。

・C夏候月姫  2/7  槍兵  魅  落雷  コスト1
蜀唯一のダメ計である落雷を持つコスト1。
知力が高く、単体へ落とせば知力6以下を撃破することができる。
対高武力弓兵、対超絶強化のための1枚。
知力が高いため、伏兵踏みにも使える。
戦器が移動速度アップなので槍兵だが端攻城も狙える。


総武力24  総知力32  復1 柵1 魅3 募1 伏1

槍兵3  弓兵1  騎兵1

英傑号令×2  ダメ計  単体強化×2


【コンボ計略】

1.大徳&八卦3部隊がけ
W英傑号令でゴリ押しを狙う。
八卦3部隊は劉備、魏延、月姫の3人。
大徳はもちろん全員入るように。

2.八卦1部隊がけ&反逆の狼煙
いざという時の超絶強化。
八卦後に諸葛亮を切ることによって教え無双呂布ができあがる。
挑発などされた日には蒸発必至なので使いどころが難しい。

3.八卦2部隊がけ&大徳
2部隊がけは魏延と黄忠へ。
残りの3人は知力が高いため、これでダメ計対策が取れる。
相手に強力なダメ計がいて、攻める時はコレで。
反計や妨害対策では魏延と劉備。
これで劉備は相手の近くで心おきなく大徳を撃てるし、要の魏延が弱体化されずに済む。


【デッキ考察】
脳筋がいないため、ダメ計などで即死ということはあまりない。
しかしそのせいか総武力が低く、最高武力も7の弓兵なため開幕に弱い。
士気が溜まるまでは伏兵と柵を使ったガン守り。
相手に伏兵がいれば劉備と月姫で踏みに行き、いなければ戦線は劉備のみ。
月姫は端攻城へ行き、相手の戦力を分断させる。
諸葛亮は開幕に踏ませ、相手の戦力を減らすことを優先。
知力が5以下なら大ダメージなのでその後の追撃も考えて知力5以下なら倒せると考えて良い。
魏延の開幕の立ち回りは相手によって変えなくてはいけない。
後ろから黄忠の助けもあるので、これで序盤は凌げると思われる。
士気があれば強力な計略で攻め立てることができる。
問題は士気を使った総力戦になれば負ける袁単相手。
序盤から攻めを強いられるため、相性が悪い。
蜀軍の大攻勢マスターに外伝で増援を2つなどつけないと勝つのは難しい。
袁単以外にも開幕乙デッキなどを相手にすると厳しい。
凌ぎきれない武力差で攻められると士気が6になる前に落城寸前まで持っていかれてしまう。
後不利となるのは弓を主体にしたデッキ。
しかし無理というわけではないのでやっぱり上記2つ以外には何とかなるような気もする。

このデッキのコンセプトは【何でもできる蜀単】。
しかしそのためには士気を大量に必要とし、開幕を守ることから始まる。
そして武力に任せた戦いはしにくく、槍撃スキルや突進スキルなど
兵種を活かした効率の良いダメージを与えられるようにならねばならない。
そして士気を6も消費する強力な計略が3つあるため、士気を無駄使いできず、
さらにその場での何を使うべきかと状況判断能力を問われる。

このデッキは強いけど難しいと言われた。
つか作った本人はもう使ってないw
しかしプレイヤーを育てる良いデッキだと思うんで使っていく。
大徳と八卦両方が入ったデッキは前から使いたかったし。
三ノ宮勢や姫路勢には結構使うのを止められたけど、
これで8州まで上がれたんだし、もっと上にもいけるはず。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。